この日から

アクセスカウンタ

zoom RSS 「真田丸」 最終回

<<   作成日時 : 2016/12/19 19:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

私、恥かしながら、
大坂の陣で、三成および、
豊臣一族と家臣団はみんな一緒に滅びたのだと思っていたほどの
戦国オンチでございます。
15年間、大河ドラマを視聴していたにもかかわらず、にです。
戦国物、けっこうあったよねぇ。
登場人物が多いと、混乱して、いかにいい加減に見ていたか!

ですから、このドラマを歴史ごと詳しく語る資格はないわけなんですけれど、
一年間、見続けて、ひとことで言うならば、
面白かった!

先が見えない時代の人物たちが、
毎回先が読めない展開を繰り広げ、
野望、策略、突貫の攻防戦。
はてまた、うしろめたさや弱い心に苛まれたり。
そして、翻弄される家族たち。
生きる貪欲さを思わされ、時にクスリと笑わされました。
役者さんの持ち味で、どの登場人物も面白かったです。

幸村の自刃の際、
ふっと笑みが。
「快く受く電光三尺の剣」
の一節が頭によぎりました。
戦い切った満足というか、戦国の死生観をスッキリと
描いたように思います。

佐助はどうなったんだろう?きりは?息子は?
で、続編はあるのだろうか?と期待もあるのですが、
あくまでも幸村が見た世界を描いているので、
ないかもなー。

最終回放送の当日、
ディレクターの吉川邦夫さんによる制作の裏話講座を聞いてきました。
お話で特に印象的だったのは、「真田丸」は
視聴者によるツイッターやSNSでの広がりがあったということ。
幸村ときりのキスシーンがかなり反響があったように、
最近の視聴者は生で観て話題にする傾向がみられるとのこと。
私はSNSはやらないから、新しい楽しみ方なんだなぁ
と時代を感じました。

この講座、100人ほどの受講者がいましたが、
小学生、赤ちゃん抱っこのお母さん、高齢者まで、男女の割合も半々だったので、
幅広い層がドラマを観ていたのだと感じました。

お話が終わってからも吉川さんのもとに
熱心なファンが集まり、質問やらDVDへの要望やら
お話が尽きないのでした。
脚本も見せていただきました。
「新選組!」2冊も。みんな争うようにして手にするので
今でも関心を持たれているのが嬉しかったです。


毎週のお楽しみが終わっちゃって、
寂しいです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
楽美さん、こんにちわ。

なんだかんだと文句を言いながら、私も今年は大河を最後まで見ました。
最後の家康のヘタレぶりが、良かった。
この真田丸の家康の弱虫ぶり(伊賀越えとか)は、今までになく所謂「三谷節絶好調」の部分です。

私の幸村の印象は、池波正太郎さんの「真田太平記」で、もっと骨太な感じですが、家康の嫌らしさはもっともっと憎らしく、このドラマのように、ちょっと愛されるキャラではないので、これはこれで面白かったです。

高梨内記の最後には、不覚にも少し涙ぐみました。
nobulog
2016/12/19 21:36
nobulogさん>
追い詰められた家康、愛嬌ありましたねぇ。
勝ち組の強さだけじゃなく、
あの家康像は新鮮で面白かったです。

上杉景勝の「源次郎さらばじゃ」の表情に
今までの絆がよみがえってうるっと。
景勝はお気に入りでした(遠憲さ〜ん♡)
武将同士は敵になったり味方になったり、
いろんなところで繋がっていたと
改めて知りました。生き延びる為のパワーって
すごいです。
これから戦国物を見るときは、真田家にも注目する
楽しみが増えました。

ちなみに歴代の大河の時代別は、
戦国23、幕末13、平安鎌倉9、江戸7、近代3
だそうです。
圧倒的に戦国!題材が多いし人気があるのですねぇ。
次のドラマは井伊家ですもんね。
楽美
2016/12/21 06:31
終わってしまいしたねぇ!
真田はやはり裏切らないカッコよさ!幸村はもちろんだけど、昌幸が素敵過ぎた!
そして、似てない顔なのに似てくる親子と言うのも面白かった。

そうそう、キスシーンは最高のプレゼントでしたよね、
主演の2人の案だとか?三谷さんがテレビで仰ってましたねー。

最期、爽やかや笑顔が良かったですね。

戦国時代は人が沢山出て分からないよねー!来年も戦国時代!混乱しそう。

三谷さんの大河、また観たいですね!!
ローズ
2016/12/21 09:59
ローズさん>
草刈さんもよかったよねぇ。昌幸ははまったなぁ。
総司役から42年も経って、大人の演技もまた素敵。

そうそう、しゃべりながらのキスシーン。
よくぞ思い切って。あれリハーサルで繰り返しやったよねぇ。大河の歴史に残るシーンになりましたね。

江雪斉や片桐且元のような裏切る人物の
切なさもよかったな。疑心暗鬼に怯える秀次とかも。
描き方がいかにも三谷さんらしかったです。

来年の大河は井伊家。赤備えですねー。
また人物の相関図を勉強させてもらいますわ。
楽美
2016/12/23 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「真田丸」 最終回 この日から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる