この日から

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カニ鍋の夜」 (四・終)

<<   作成日時 : 2017/01/15 17:14   >>

トラックバック 0 / コメント 8

これを見た竜馬は膝を打った。

竜馬:「おおっ、双方刃を交えずして勝負ありとは、
    剣聖の神髄を見たるがごとく。沖田君の潔さもあっぱれじゃ。
    わしゃこの勝負引き分けとみた。どうじゃ、西郷さん」
西郷:「坂本どんの言うとおりでごあんす。
    いやいや眼福ものでござる」

二人は「眼福、眼福」と繰り返し、頷きあっている。
褒められているんだか、揶揄されているんだか、判断付きかね
近藤は寄り目になった。

土方:「本日の会はこれまでとさせていただく!」

土方は鉾をおさめて閉会を宣言してしまった。
これ以上の揉めごとは、近藤の為にもならない。

海舟:「どうも男ばかりの座は殺気だっていけないね。
    どうだえ、これから皆で吉原に繰り出そうじゃないか。 
     俺のおごりとくれば文句をいう奴ぁ一人もいめえ、なっ?」

一同をぐるりと見わたすと不穏な空気は一変した…
というか、誰もが状況の転換を待っていた。
「おひょほほほ---!!!」
真っ先に雄たけびをあげ、竜馬はすぐにフンドシを締めなおしにかかった。

竜馬:「花魁が待っている!待っているっちゃ〜。誰が一番もてるか、勝負はこれからこれから」

と皆の肩を叩きまわって引き立てる。座は叙々に盛り上がり、
京の遊郭の話題で沸き立った。

夜も更けて試衛館の勝手。沖田がひとりで大鍋を洗っていた。
肩を落とした後ろつきが淋しげであった。

沖田:「ああ、つまらんなぁ。近藤先生ったら『お前の人気に障るから』
   って連れて行って下さらないのだものなあ。いつまでたっても私は幼童扱いだ」

そこで悄然として大息をついた。

沖田:「今頃みんな楽しんでいるのだろうなぁ」

沖田がめぐらす遊興の想像はやがて頭を離れ、ふわふわ漂い、闇に流れていった。
傾いた満月は、柔らかな光で試衛館の屋根を照らした。夜明けまではもうすぐだった。

                     −終ー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
楽美さん、ひさしぶりに楽しいお話堪能しました。
もう、絶対各人の逸話や性格や(風評を踏まえて)評判など基礎知識として「知っている」前提のお話。
それにしても、楽美さんの文章は読みやすいです。
読みやすい文章を書ける事って、天分だと思うんですよね。
実際に、職業にしているコピーライターの中にも、どうしても「すらすら読めない」リズムの文章書く人いますから。
また、ちょくちょく妄想物語をお願いします。
nobulog
2017/01/16 08:57
とっくに明けまして、
今年もよろしくです!
賀状は書いてないですー。
SNSで連絡取れる人には出さなかったんだけど、かと言って元旦にご挨拶メールも出してない(^◇^;)

面白そう!
お話は明日以降にじっくりと拝読いたします。

実は明日から入院。
歳ですなー、目も老化ですわ。
二泊三日、二泊三日で白内障の手術をします。
手術翌日には目を使っても良いみたいだから(笑)
こそっと病室で読むわ(笑)

楽しみ!ふふ。
また感想書きますカニ。
ローズ
2017/01/16 20:13
nobulogさん>
ありがとうございます!
おっしゃり通りで、私は引っかからない文章を
心がけています。その為に、あーでもないこーでもないと、言葉選びは頭の体操になっています。
このお話は「新選組!」放送前年の作で、あの頃は
ファンのあいだでも、話題が盛り上がっていたなぁ、
と懐かしく思い出します。
楽美
2017/01/17 10:08
ローズさん>
どうぞ今年もよろしく!

あら〜手術されるんですね。
私は前回の検査では手術はまだと言われましたが、
光がますますまぶしくなってきたので、
そろそろだなと覚悟をしています。
春よ来い!と思うものの、
目に来た!膝に来た、腰に来た
いろいろ障りが出る歳ですね。
目も身体もゆっくり休んでくださいね。

順調な快復を祈っています。お大事に。
楽美
2017/01/17 10:18
読みましたー!
面白かった!
短銃をコメカミに!写真がそうだったら笑うわー!
グーにチョキ(笑)
実に楽しいお話しでした!
あの世のお話ね、本にしたら?

私の組友だちが昔小説を書いて昔ながらの製本してたよー。
それを借りて書き写してまた製本して、持ってるよ!
ぜひぜひ!作ってたもんせ。

白内障オペしたらー、
メガネ無いのに外そうとしてしまうんよね、(笑)

片目だけなクリアな世界になりましたー。
来週またオペやから何か小説アップしてー!(笑)
ローズ
2017/01/18 19:06
ローズさん>
ありがとうございます!
そうそう、当時は組ファンの書き手がいっぱいいましたよねー。ローズさんもイラストで参加。
私も影響を受けてました。いろいろな作品がアップされて、毎日の更新が楽しみだったなぁ。
製本もいいかも。あの婆ちゃんはこんな妄想をしてしてたのかーと、子孫が呆れるのも面白そうだわ。
来週もオペなのね。両目がクリアになったら、楽になるでしょうね。もう少しの辛抱。頑張れ!

小説は、ふふふ ^^)…在庫はございませんので、
とうぶん脳トレに精進いたしますわー。
楽美
2017/01/20 14:11
カニ鍋の話を旦那にチョコっとしたら、
カニ貰ったんか?カニ貰ったんか?と…(笑)

違う違う!お話よ!おはなしー!って(笑)

カニが食べたかったんだろうなぁー(笑) 本当に早とちりな旦那ですわ。
ローズ
2017/01/23 11:43
ローズさん>
いやはや、私だって貰いたいカニ。食べたいカニ。
昨年から食べてないな(^^;
いかな名人ご主人でもカニを釣るのは難しいですね。
そもそも近所の海に、カニはいるのかなぁ。
こちらの海にはワタリガニというのはいますが、
食べたいのはタラバガニ、っすよ〜。
楽美
2017/01/24 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
「カニ鍋の夜」 (四・終) この日から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる