満開桜だより

高幡不動尊の桜も満開。

土方歳三さんは梅がお好きでしたが、桜が似合います。
     花は桜木 人は武士
画像
この位置から撮る人が多い、五重塔。
画像

桜の名所千代田区の 「千鳥ヶ淵」も満開。外国人も多く、歩道は大混雑。
画像
ボート乗りたいよね~ 乗り場は長蛇の列でした。何分待ちやら。
画像




















千鳥ヶ淵に沿って歩くと、右手に「千鳥ケ淵戦没者墓苑」
引取り手のない戦没者の遺骨が納められています。
菊を献花して、お参りしました。
トイレもあるし、休憩所も完備。
お花見客は、ぜひ訪れて欲しいものです。
画像












千鳥ヶ淵を左に見つつ、まっすぐに五味坂を上ると
千代田区1番町。
滝廉太郎の住居跡の碑がありました。
明治27年から住んだそうです。
まさに名曲「花」がぴったりの季節ですねー。
徳川慶喜公も歌ったという童謡「はとぽっぽ」も作曲したんですかぁ。
画像



ついでに(^^;靖国神社周辺に建つ銅像もアップ。
 品川弥二郎(長州)                        大山巌(薩摩)
画像画像






そして靖国神社境内に立つ大村益次郎(長州)
皆さん偉そうですね。
私は親しみやすいトシさんが一番だーい!
画像







この記事へのコメント

ローズ
2019年04月07日 14:13
トシさんだーい!
同感です。
梅が好きでも桜が似合う、
土方さんはイケメンやから確かに桜の方が似合いそうねー。

大村益次郎さんと言えば火吹き達磨ってやっぱり思うよねぇ。
しかし、この呼び名を付けた人は笑いのセンスがあったんでしょうね、
生前からそう呼ばれてたのかなぁー??
最期はおイネさんに看取られたんでしたよねぇ?
楽美
2019年04月08日 08:21
ローズさん>
人気もトシさんがいちばんだーい!
タクシー乗り場に、歳さんタクシーが一台もなかった(';')
どこかで待機してるのか、巡察に出動してるのか??

火吹きダルマですよねぇ(^O^)
肖像画でもおでこが目立ってるし。実物はもっと強烈だったんだろうな。
「夏は暑いのがあたりまえ」、暑さを我慢するとき、益次郎の言葉を思い出してしまいますよ。
「宮さん宮さん」の作曲者。
そっかイネさんに看取られたんですねー。
いかにもドラマチックな生涯だわ。