フィギュアスケート。織田の乱

グランプリシリーズ ロシア大会。 ロシア勢のメダルラッシュが止まりませんでした。 ジュニアクラスよりも若いノービスクラスの子でも 4回転飛ぶんだねぇ、ロシアでは。おそロシア~ 日本選手も頑張ったけど、メダルは逃しました。 だけど、 宇野昌磨選手よかったよー! 友野一希選手 感情があふれてたよー 宮原知子選手。 エレガントの女神さまです、私にとって。 なんだって回転不足…

続きを読む

パレードに行ってきた

即位パレードに行きました。 10時前に赤坂見附着。 12時からの手荷物検査を済ませないと、 観覧場所に入れないので、 婆ちゃん3人組は列に並んで、お茶をちびりちびり、飴をなめなめ、 おにぎりもぐもぐして、時間を過ごしました。 12時、検査開始。 検査は化粧ポーチの中まで開け、 ペットボトルは目の前で一口飲まなければなりません。 ボディチェック、金属探知もあり、なかなか厳格で…

続きを読む

サムライ 天下太平を支えた人びと

江戸東京博物館 「サムライ 天下太平を支えた人びと」(~11月4日まで) サムライの誕生から幕府瓦解まで、 風俗画 古記録 道具類 装束 古写真 などの展示で 時代によるサムライの一姿を紹介しています。 大名の火事の装束は、刺繍も施され、兜も立派だし、おしゃれでした。 なんだってあんな華やかなんだろう、とは思います。 火事は非常時の戦場と捉えられていたということなので、 …

続きを読む

お言葉

皇室の大事な行事の時は、 朝から晩までTVでは尊敬語が次々と。 来る→おでましになる 着る→お召しになる 髪の毛→おぐし する→あそばされる。などなど。 一日TVから発せられる丁寧な言葉に 「そろそろ食べましょうか?」など ダンナがつい言ってしまうのも 一日だけの現象です。 ふだんは 「飯食おうか?」 「はいよ」 ですからね、うちは。 ところで、 「…

続きを読む

雨台風

台風19号で被害にあわれた方、 お見舞い申し上げます。 一刻も早い救助、復旧を。そして早く日常を取り戻せますように。 雨量が多かった19号。 河川の氾濫が起きてしまい、被害が甚大です。 うちの周囲は被害はありませんでした。 梅雨明け前の集中豪雨ほどの大粒ではないのですが、 ドアを開けて外を窺うと煙るような雨で、湿気がむっと迫ってきました。 これほどの雨台風になるとは。 …

続きを読む

時代考証学会サロンのお知らせ

*時代考証学会12回サロン のお知らせ* 講座のテーマは 「時代劇メディアと「ポップ・カルチャー」の境界を歩く 今回は「忍たま乱太郎」作者の安孫子惣兵衛さんも参加されます。 日時 2019年11月30日(土)13時~ 会場 明治大学和泉キャンパス(井之頭線 明大前) 参加費 500円 申し込み期間  11月27日(水)まで どなたでも参加できます。詳しくは↓ h…

続きを読む

バレエ復帰

今 通い続けているジムでは フラダンス、バレエ、ヒップホップ、など ダンス系のクラスが大人気。 踊りたい人の要望に応えて、クラスは増えています。 2カ月前から、バレエクラスに復帰しました。 今まで辞めては復帰を繰り返していましたが、 膝痛のコントロールが出来るようになったので、 バレエ熱にはまったママ友の猛プッシュもあり、 3年ぶりに再開。 前の人を見ながらのレッスンで、…

続きを読む

お湯シャン

彼岸も過ぎて、涼しくなってきました。 今月上旬に大腸ポリープ(良性)の切除をして、 気温変動もあり、体力が低下してグダグダしてました。 ようやくエネルギーが戻ってきた感じです。 さて、「お湯シャン」を実践して1年経ちます。 「お湯シャン」は文字通り、お湯だけで髪を洗うのです。 きっかけは、頭髪の薄さと白髪が気になったこと。 この現象を少しでも食い止めたいと。 お湯シャ…

続きを読む

ピシャンコの東京

江戸は八丁堀、最後の与力だった原胤昭(1853年ー1942年)の随想記。 (昭和5年「江戸時代文化」から抜粋) 「(前略) これはまた、なんとした事であろう。さようもしたいものだ、ああもしたいものだと夢想万感、とつおいつの間に、 可愛い子も愛の手から、もぎ取られる惨劇もある。ここの幕は多く語るに及ぶまい。 ああしたあとが、ガラガラ、ガラッ、メリメリメリ、ピシャンコの東京。 復…

続きを読む

怖いもの見たさの泉鏡花

泉鏡花といえば、明治から昭和に活躍した文豪。 怪奇趣味で幻想文学の先駆者とも言われ、作品には幽霊がたびたび登場します。 明治から大正までは怪談会ブームがあったそうで、 鏡花が幹事になって、ずいぶん怪談会が開かれました。 それまでの怪談本は徳育や訓戒を目的にしたものが多く、 鏡花にとっては納得できない、もっとありのままの見聞実話を残そうじゃないか、と。 そんな趣旨で鏡花の元に集まっ…

続きを読む

スイカの味

ショートストーリーです。      「スイカの味」 蒸し暑い夏の夕刻、市ヶ谷 天然理心流 試衛館の勝手の間で 土方歳三と沖田総司が向かい合って、胡麻を摺っていた。 すりこ木を扱うのが土方。大すり鉢を抑えるのが沖田。 家伝薬を売るついでに、土方が地元の日野宿から大量に青菜を運んできたのだ。 胡麻和えを作り、食客たちの夕食の菜にするつもりだ。 「朝採りの青菜だからな、柔…

続きを読む

新選組の忘れ物

滋賀県、草津の「草津本陣」の蔵の中から 新選組隊士が宿泊時に置き忘れた「木製のキセル入れ」が見つかりました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190725/k10012008301000.html キセル入れの袋には 「新選組様五月九日御泊(おとまり)壱番間ニ(いちばんまに)御失念物(おんしつねんぶつ)」 と書かれた紙が結び付けられています。 …

続きを読む

Tシャツの捨て時

古いTシャツの捨て時に迷います。 肌馴染みのよいシャツでも、 着古せばくたびれるから、最後は パジャマになります。 買ってから10年以上は経過してます。 捨てようか迷っているうちに 次のシーズンまで持ち越したりする。そういうのが何枚もあります。 こんまり先生曰く、「ときめき」がなくなったら、お別れ時。 その選択基準もなかなか名案なのですが、 「着ると楽。落ち着く」というたぐいは…

続きを読む

梅雨の晴れ間

今年の梅雨は日照時間の短いこと。 午後は久しぶりの日差しで、洗濯物もどうやら乾きました。 期日前投票に行き、買い物して、貴重な晴れ間となりました。 ご近所さんの白ユリが毎日開花しています。 おせち用のゆり根を植えたら、 毎年 咲くそうです。 写真を載せたいのに、メンテナンス終了後にうまくできなってしまい、残念だなあ。 とうぶん 文字のみの投稿になります。

続きを読む

ブログのメンテナンス

大規模なブログのメンテナンスが終了したら、 いろいろと使い方が変わってしまい、戸惑っております。 ぼちぼちと更新するとします。

続きを読む

赤いルバーブ

赤いルバーブ見つけました! 八ヶ岳産。590円でチト高かった。 ジャムにするなら赤ルバーブです。 以前、緑のでジャムにしたら、 見た目がビミョーに すぐに柔らかくなるから、 あっという間に出来上がり。 日本では明治初期に避暑地の 外国人の要望で栽培されたそうです。 代わり映えしない我が朝食の差し色…

続きを読む

多摩湖自転車道

梅雨の晴れ間、 多摩湖自転車道は、あじさい真っ盛り。 沿道の野菜直販所を覗いたら、 トウモロコシが出ていました。 夏は着々と。

続きを読む

高幡不動あじさいまつり

高幡不動尊は「あじさいまつり」(~30日)です。 雨後の花と緑の色がとてもきれいでした。 期間中 呈茶があるので、 境内奥のお茶室に初めて行ってきました。 「豊泉寮」 八王子の豪商の豊泉吉兵衛翁夫妻の寄進で、 境内に移築したお茶室だそうです。 膝が悪いので、縁側でいただきました。 お庭を眺めながらいっぷく。 夏らしい平茶碗で、 ゆっくりしとした時間を過ごしました。 …

続きを読む

キティ大好き!

    ♪ばあちゃんが 夜なべをして        いろいろ 縫ってくれたぁ~♪  バッグ 巾着 カフェエプロン  古ミシンはガタガタ。縫い目よれよれ。 下糸の調節はじいちゃんの仕事で、苦戦に次ぐ苦戦。           ♪おまえーもがんばれよ~♪ キティちゃん大好きなチビ娘の為に 古ミシンと格闘しました。 じいちゃんは調節を諦めて、早々に飲み始める。 …

続きを読む

10連休

おいらにゃ かんけーねぇ、 10れんきゅう。 ちかくのはらっぱでじゅうぶん まんぞくさ。 わんこと一緒にピクニック。 嬉しかったんだねぇ。 目が二重になってる!! コーギーの あるある笑顔なんだとか。

続きを読む

渋沢栄一、新選組ともめる

渋沢栄一が新札になることが決まりました。 渋沢栄一は秩父出身。家は藍玉製造(藍染の原料)で成功した農家です。 江戸で北辰一刀流の千葉道場に通っていた時は 幕府は潰すべきと思い至り、 大名謀殺や横浜焼き討ちの一揆を企てたこともありましたが、 企てが露見し、探索方から逃れるように上洛し、 一橋家の家来になることで、考えをあらためました。 さて、渋沢栄一は新選組との間で もめ事…

続きを読む

桜だより③

国立の大学通り。桜並木の名所です。 桜と菜の花。いい取り合わせなので、ぱちり。 夜はうちで 一杯。 琉球泡盛「八重泉」手に入れた。 近所で売っていたのは感激!  餃子とから揚げと泡盛。最高ですわ~

続きを読む

満開桜だより②

吉祥寺 井之頭公園。 「井之頭」と名付けたのは、 この付近に鷹狩りに来た 徳川家光とか。 「井之頭」は江戸へ水を供給する水源地の一つでもありました。 今やデートの名所。 しかし、ボートに乗ったカップルは、別れると言われています。 そんな都市伝説もなんのその。 満開の桜の誘惑に、 池はボートだらけなのでありました。 混雑の公園も黄昏時になると、ちょっとロマンチック…

続きを読む

満開桜だより

高幡不動尊の桜も満開。 土方歳三さんは梅がお好きでしたが、桜が似合います。      花は桜木 人は武士 この位置から撮る人が多い、五重塔。 桜の名所千代田区の 「千鳥ヶ淵」も満開。外国人も多く、歩道は大混雑。 ボート乗りたいよね~ 乗り場は長蛇の列でした。何分待ちやら。 千鳥ヶ淵…

続きを読む

新元号予想

ざっくりとあくまでざっくりと。わたしの予想。 始めの音 及び 終わりの音が 「あ か が な は ば や ら わ」 の中から。 そして、中国の古典じゃなくて、 大和の古語。 根拠はありません。 願望も含めて、なんとなく。

続きを読む

桜 開花

桜が開花しました。 お彼岸。 墓前に義父母が大好きだったおはぎとコーヒーを供えました。 お寺の桜もちらほら咲いて いよいよ春ですね~ ワルツが聞きたくなって 歌劇「メリーウイドゥ」の、「唇は黙して」を選びました。 プリシラ・ドミンゴ&ホセ・カレーラス。わおっ!{%ハート(キラキラ)hde…

続きを読む

新・北斎展

六本木 森アーツセンターギャラリーで開かれている 「新・北斎展」を観てきました。 https://hokusai2019.jp/ 東京での初公開も含めて 北斎の画業70年を4期に分けての展示です。 浮世絵も魅力的ですが、物語本での挿絵が精密。 細い線、細かい模様をどんな筆で描いたのか。 その道具を作った職人。彫り師、摺師。どれだけ周囲に 凄腕がいたので…

続きを読む

「世にも不思議な銀魂ちゃん」

dTV で配信しているドラマ「世にも不思議な銀魂ちゃん」 こっちは「真選組」が登場。ギャグ色満載。 こういうのパロディ作品って言うのかな?今どきはなんていうのかな? 主要キャストが豪華 •坂田銀時:小栗旬 銀魂の主人公 •土方十四郎(ひじかた とうしろう):柳楽優弥 •沖田総悟(おきた そうご):吉沢亮 •近藤勲(こん…

続きを読む

映画「燃えよ剣」

      2020年公開でーす!!  監督・・・原田眞人 主要キャスト    土方歳三・・・岡田准一  近藤勇・・・ 鈴木亮平  沖田総司・・・山田涼介  お雪・・・柴咲コウ  芹沢鴨・・・伊藤英明 他の方々はまだ公表されていません。 原田監督は高校生で「燃えよ剣」に出会い、血風録のファンになり、 子母澤寛へと導かれたファン歴。私とおんなじ経路ですわ{%拍手w…

続きを読む

朝食はがぶり

うちの朝食です。 ピクルスは、きゅうり、人参、玉ねぎ、ブロッコリー、エリンギ。 これを5枚切りのトーストで、ソーセージ・野菜のソテーも乗せて、挟みます。 かなりの分厚さ。大口でガブリ。 目の前に鏡があったら己の姿に食欲が萎えることでしょう。 いろいろと挟んでしまうのは、父がやっていた食べ方で、いつの間にか 私の習慣になってしまいました。ご飯で言えば、丼のようなものです。

続きを読む